FXの魅力って何だろう。

仕事にはお金の為だけではなくて、
何かの目的に向かって頑張っていますよね。

でも仕事以外で何かサブワークをしていって、
自分のやれることの幅を広げたいと考えたときに、
何を思い付きますか?

趣味の幅を広げていって、
スポーツに挑戦する方も多いかと思いますが、
投資も選択肢としてあって、
面白さが広がっていくのが今の時代です。

今やお金の価値は日々変わっていて、
投資はその真っ只中に自分が加わっていくことなのです。

外貨を扱っていく投資のFXがそうで、
為替レートの動きを掴めれば、
ご自分の投資が正しかったという答えが返ってきて利益を得られるのです。

だから魅力のあるサブワークと思いませんか。
元論そんなに簡単ではないのがFXです。

まずはデモトレードからスタートのFX

パソコンやスマホ画面で、
通貨の売買ができるのがFXで
1998年始まったので歴史は結構浅いのです。

操作は簡単だと
殆どのFX会社は説明していますが、

お金を動かしていくので、
万が一操作を間違ったりしたら
大変なことになります。

でもFX会社では
実際のトレード操作をする前の準備段階として、
実際のトレードと同じ操作を練習できる
デモトレードを用意しているのです。

通貨レートは瞬時に動くので、
ここぞと言うときにあせらず
操作する必要があります。

実際にはお金を動かさないので、
損金が発生しないメリットがあるのです。

FXはこれからという人は、
まずはデモトレードで学べるのは、
新しい投資だけのことはありますよね。

強いものにははむかうな

FXの相場展開によっては円高圧力が強かったり、
円安圧力が強かったり相場は常に流動的に動きます。

円高圧力が強ければ円を買って、
他国通貨を売り、円安圧力が強ければ、
円を売って、他国通貨を買うという取引が主流になると思います。

この取引をまったくの逆の取引をしてしまうと
強いものにはむかっていくことになり、
勝てれば良いのですが、大抵は負けていってしまいます。

強いものにははむかわずに
FXでは素直に取引をしていきましょう。

円高圧力が強いときは、
リスクオフ相場の時でリスクが非常に高く、
リスクを回避するために安全通貨である
円が買われるという時です。

こういったリスク回避の動きが強いときには、
素直にショートポジションで勝負をしていきましょう。

リスクオフ相場の際には、
相場が安定していませんので
上手に取引をすれば大きな利益を得ることができます。

リスクをしっかりと見極めて取引をしていきましょう。
相場に逆らわずに素直に取引をしていくことが重要です。

ストップ設定

ストップロスと損切り、
英語と日本語、、

日本のトレーダーは使い分けるのが常ですよね。

ストップロスはあらかじめ
この幅まで落ちたら必ず
決済してしまうことであり、

損切りは、成行きタイプ、
あるいは究極の決済といいますか、
もちろんストップロスがあっての
意味ではギリギリの決済、
とも言えるのかな?

なかなか難しいですが、
英語で損切りはあるんでしょうか?
システム的な用語ではない?

とにかく、ストップロスは値変更しておこう、
などというトレードはしないほうが無難です。

絶対後から後悔する、
やはりルールとしてもだめですし、
ルール自体が間違っているのは目に見えています。

一円の幅でトレード、
1円50銭まで下げる、
と考えると、

一体いつそんな余裕があるの?
という感じです。

FXは基本が大事

なんだか最近は仕事が忙しいです。。
ところでレバレッジって知っていますか?

というよりもFXをしている方で
もしも知らなかったら相当やばいですよね。

外国為替証拠金取引、つまりFXでは
レバレッジという言葉がとにかく頻繁に出てきます。

レバレッジというのは、
日本語では次のような意味になります。
「てこの原理」です。

このてこの原理というのは
小さい力で大きなものを動かすことですよね。
つまり、小額の資金で大きな取引を行うことができるということになるんです。

最初に資金をしっかりと準備することなく
取引を行うことも可能なんです。
もちろんその分リスクも高いですよね。

損をした時にはそのままの額が損失として出るので、
ある意味諸刃の剣でもあるんです。

損切りの基本

FXトレードでは2つの局面があります。

利益確定と損切り、
この2つのポイントのことですね。

例えばもし利益確定が大幅だったら、
損切りは小さくて回数が多くてもいいわけです。

小さい損切りもあまりにも多くなれば問題です。
そのうちにあと1回は大丈夫だろう、
となったらまずポジションを売ってまで、
ルール作りに専念したほうが身のためでしょう。

徐々に証拠金が減っていく、
資金もわずかとなる前に
ルールを見直すことですね。

現状このようなことがあったら
過去のチャートをしっかり検証します。
そしてルールと照合します。

忘れてならないのが、
損切りが小さくて
多いのは基本はできている、
とも言えます。

しっかりこのルールを
維持できるようにするのも
FXで勝つためには大切ですね。

長期の旅行の際はポジションを忘れず

ドル円ショートでポジってから2週間が経ち、
大分動きが縮まってきたかと思えば
まったくそうも見えない、そのうちにどうしようか、
どんどん忙しくなってきてチャートを見るのも忘れ、
極少ない利確してしまおうかという隙間の見方も薄れてきて、
とうとうグアムに旅行に出かけたという人がいます。

 

帰ってきてパソコンを見て思い出し、
トレードツールを恐る恐る起動したら
すでにポジションはなし、
結局ロスカットされてしまい
強制退場状態だったそうです。

 

FXトレーダーっていつも張り詰めていてはよくないですが、
長くやっているとこのようなこともあるんですよね。

 

pipsトレードについてどうやって組み立てていけばいいか、
親身になって教えてくれた人です。

 

でもこれから夏のバカンスシーズンです。
長期の旅行の際はポジションを忘れずに確認しましょうね!!

 

仕掛ける時期

FXには、多くの専門用語があって、
それぞれの意味を深く理解できるようになると、
私のFXも深まっていくことになります。

 

そこで新しい専門用語に
「長期トレンド」という言葉があって、
中々興味深いものです。

 

これで、私のFXもちょっと深いところへ入れた感じです。

 

「長期トレンド」とは、
簡単に言うと「長期的な動向」という意味ですが、
通貨レートの上げ下げを把握していくときに使っていきます。

 

長いスパンでグラフ化していくと
何かしらの法則性が、そこにはあるという見方です。

 

ですから、円が100円前後で
上がったり下がったりしていたのが、
急に大きく上がったときには、
そこがターニングポイントとなって、
円が今まで以上に大きく動いて行く
可能性が出てきたという見方となってくるのです。

 

そのターニングポイントが、
FXの仕掛ける時期にもなってきます。