ストップ設定

ストップロスと損切り、
英語と日本語、、

日本のトレーダーは使い分けるのが常ですよね。

ストップロスはあらかじめ
この幅まで落ちたら必ず
決済してしまうことであり、

損切りは、成行きタイプ、
あるいは究極の決済といいますか、
もちろんストップロスがあっての
意味ではギリギリの決済、
とも言えるのかな?

なかなか難しいですが、
英語で損切りはあるんでしょうか?
システム的な用語ではない?

とにかく、ストップロスは値変更しておこう、
などというトレードはしないほうが無難です。

絶対後から後悔する、
やはりルールとしてもだめですし、
ルール自体が間違っているのは目に見えています。

一円の幅でトレード、
1円50銭まで下げる、
と考えると、

一体いつそんな余裕があるの?
という感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です